«  2016年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 新春早々入れ歯の話です | メイン | サイナスリフトからのインプラント埋入 »

2014年1月 9日

こんにちは。
カミノデンタルクリニック 院長の塩崎です。

今日は子どもの歯の話です。

うちの娘は、鼻が悪いせいもあるのでしょうが、
口元がゆるい(笑)
いつも口が開いています。

元気な時はずっとしゃべっているので、
静かだと具合でも悪いのかと心配になる反面、
しゃべりっぱなし=口が開きっぱなしは歯科医としてはいかがなものかと。
(単にうるさいということもありますが・・・)

唇は、実は「リップシール」という大切な役割を担っています。
唇の上下をぴったりあわせたままにしておくことで、
出っ歯になるのを防いでいるのです。


口が開きっぱなしだと、出っ歯になりやすくなります。
娘も、ご多分にもれず、どんどん上の前歯が出てきています・・・


唇を閉じる力を強化する器具もあります。
器具といっても大したものではなく、
くわえて、ただ引っ張るだけです。


矯正器具もいらないしお金もかからないリップシール。
おすすめです。

それにしても、娘はなかなか唇をとじてくれない・・・(涙)
クセみたいなものですから、地道に指摘して
口を閉じさせています。


三鷹の歯科『カミノデンタルクリニック』では
カウンセリングに力を入れています。
お子さまの歯についてご心配なことがあれば、お話をじっくり伺います。
詳細はこちらへどうぞ。
http://www.camino-dc.com/

カミノデンタルクリニック 院長 塩崎 智彦

カミノデンタルクリニック
院長 塩崎 智彦

●来歴
1969年
 和歌山県生まれ
1988年
 東京医科歯科大学入学
1994年
 同大学歯学部卒業歯科医師免許取得
1999年
 同大学大学院修了(補綴)歯学博士号修得
2007年
 カミノデンタルクリニック開院

公式サイトはこちら