2009年11月14日 « トップへ » 2009年11月21日

2009年11月18日

"天然の歯"に一番近いかみ心地~インプラント

天然の歯に一番近いかみ心地~インプラント

インプラント治療は、歯を失った部分に対する治療法のひとつで、天然歯とほとんど変わらないかみ心地や、美しい外観を取り戻すことができる治療法です。

歯のない部分の骨に、チタン製の人工歯根(フィクスチャー)を埋め込み、その上に人工歯を作ります。もう一度ご自分の歯を作るようなものですから、健康な歯とほとんど変わらないさまざまな快適さを取り戻すことができます。


従来であれば、虫歯や歯周病、負傷などによって失われた歯は、「入れ歯」「ブリッジ」などの治療がありました。

しかし、違和感や他の健康な歯への悪影響(部分入れ歯やブリッジは、他の歯を削らなければいけません)、見た目の美しさに欠けるなどといった問題も同時に発生していました。
これらの問題を解決できる治療法が「インプラント治療」なのです。

ブリッジのように健康な歯を削る必要もなく、天然歯と同じかみ心地を得られるという大きなメリットがあります。
また、従来であれば総入れ歯にしなければならなかった状態でも、条件次第ではインプラントを複数本埋め込むことで、固定式の歯を作ることが可能です。

インプラント01<インプラント治療のメリット>
・天然歯同様のかみ心地がある
・部分入れ歯やブリッジのように、他の健康な歯を削る必要がない
・普段と同じように歯を磨いておけば、口臭に悩まされることがない
・歯を気にせず大きな口をあけて大声で笑うことができる。

他にも、「かむ力が強く、自分の歯と同じ感覚がある」「あごの骨が痩せにくい」など、多くのメリットを備えた理想的な治療法です。

一般的な入れ歯では、年老いた印象を与えかねません。
しかしインプラント治療を行うことで、口の機能とかむ力が改善され、健康的な生活が送れるようになります。

結果として表情に自信が表れるという、よい循環を生み出すことができるのです。

>>インプラントとブリッジ・部分入れ歯の比較

<インプラント治療の流れ>
最初に、失ってしまった歯の数や、インプラントを埋入する部分の骨の硬さ、大きさ、位置などを診査します......
>>治療の流れと期間

<入れ歯について>
入れ歯を作成・調整するには、さまざまなことを考慮する必要があります......
>>入れ歯についての詳細

インプラントとブリッジ・部分入れ歯の比較

●インプラントとブリッジ・部分入れ歯の比較
項目/治療法 インプラント ブリッジ 部分入れ歯
比較008 比較009 比較010
治療方法 歯の根の代わりになるチタンのフィクスチャーを骨に埋め込み、その上に歯をかぶせていく方法。 失った歯の両側の歯を削り、冠を橋渡しすることによって失った歯を補う方法。 失った歯の周囲の歯に金属の留め金をつけて、取り外しの人工の歯を留める方法。
対応本数 1本から、全ての歯を失った場合 数本失った場合 数本失った場合
周囲の歯や
あごへの影響
・歯を失った部分のみの治療で、周囲の歯に負担をかけない。 ・歯を失った部分の骨が機能回復するため、やせない。 ・周囲の健康な歯を削る必要がある。
・大きな負担が健康な歯にかかる。
・歯を失った部分の骨がやせる。
・周囲の歯に留め金をかけるため、大きな負担が健康な歯にかかる。
・歯を失った部分の骨がやせる。
審美 ・ご自分の歯に近い見た目。 ・保険適用外の材料を選択すれば、ご自分の歯に近い見た目。 ・留め金が見える部分もある。
清掃 ・ご自分の歯と同様に歯ブラシ、スーパーフロス、歯間ブラシ等で清掃。 ・ご自分の歯と同様に清掃し、歯の無い所はスーパーフロス、歯間ブラシ等で清掃。 ・はずして義歯の洗浄をする。支える歯も清掃。
治療期間 あごの状態によって異なるが、6か月から2年くらい。その後も噛み合わせのチェックなどは必要。 周囲の歯の状態によるが2週間~2か月前後で装着。その後も調整必要。 周囲の歯の状態によるが2週間~2か月前後で装着。その後も調整必要。
欠点 ・簡単な手術が必要である。
・保険適応外の治療となる。
・清掃性が悪くなり、支えている歯が歯周病や虫歯になる可能性がある。
・支えの歯に負担がかかり、将来的に折れる場合もある。
・歯を失った部分の骨がやせてくる。
・清掃性が悪くなり、支えている歯が歯周病や虫歯になる可能性がある。
・硬いものが食べられない。
・浮き上がる、外れる心配がある。
・外出先などでも取り外しをしなければならない。
・異物感を感じやすい。
・歯を失った部分の骨がやせてくる。
 

ホワイトニング

価格はすべて税抜表示となっております。 ただし、患者さまへのご負担を考え、6月末まではこれまでどおり表示価格を税込価格といたします。 詳しくはご来院の際、スタッフへお問い合わせください。


ホームホワイトニング
片顎キット マウストレー、ホワイトニングジェル4本
知覚過敏防止剤1本
30,000円
ジャンプスタート マウストレー、ホワイトニングジェル4本
ジャンプスタート用ジェル
知覚過敏防止剤1本
40,000円
マウストレー 1個 5,000円
追加ジェル 1本 3,000円
1箱(4本) 10,000円
知覚過敏防止剤 1本 3,000円

オフィスホワイトニング
オフィスホワイトニング 1回(3セット) 前歯8本の範囲 20,000円
3回コース 3回(3セット×3回) 前歯8本の範囲 50,000円

デュアルホワトニング
片顎キット マウストレー、ホワイトニングジェル4本
オフィスホワイトニング1回
知覚過敏防止剤1本
50,000円
片顎3回コース マウストレー、ホワイトニングジェル4本
オフィスホワイトニング3回
知覚過敏防止剤3本
80,000円

治療の流れと期間

・診査と治療計画を立てる
失ってしまった歯の数や、インプラントを埋入する部分の骨の硬さ、大きさ、位置などをCTで診査します。また、かみ合わさる歯・歯肉を含め、将来の口の状態を加味して検討することで、治療法・治療計画を具体的に決定いたします。

治療後の歯にかかる力の方向・強さや、患者さまにとって無理のない衛生管理などを総合的に検討し、治療計画を立ててまいります。
下へ
・一次手術
手術によって、あごの骨にインプラントを埋め込みます。
*インプラントと骨を結合(オッセオインテグレーション)させるために、一次手術後3~6か月の治癒期間を設けます。治癒期間は症状によって変化いたします。
下へ
・二次手術
歯肉を切開してインプラントと骨の結合を確かめ、人工歯を取り付けるための準備をいたします。この状態で、歯肉が治癒するまで1~6週間お待ちいただきます。
下へ
・人口歯作製・装着
歯肉が治癒した時点で歯型を採り、人工歯を作製いたします。
形や色などは、患者さまのご希望にできるだけ沿うよう作製いたします。
下へ
・メインテナンスと定期的な受診
インプラント治療後は、適切なブラッシング法などを指導させていただきます。
そして、半年に1回程度、定期的に受診していただき、インプラントや人工歯の状態、かみ合わせを確認いたします。

インプラント

価格はすべて税抜表示となっております。 ただし、患者さまへのご負担を考え、6月末まではこれまでどおり表示価格を税込価格といたします。 詳しくはご来院の際、スタッフへお問い合わせください。


インプラント
検査 術前検査 口腔内診査、咬合診査、パントモ撮影
(当クリニックで治療行う場合は無料)
10,000円
CT撮影 提携検査機関にて撮影 約25,000円
手術 フィクスチャー
1本
1次手術(フィクスチャー埋入)
2次手術(アバットメント連結)
300,000円
アバットメント ジルコニア 上部構造の土台として、フィクスチャーに連結されます。
高い適合と色調をカスタムメイドで作成できるため、審美的に重要な前歯部や歯肉の薄い部分に最適です。
80,000円
チタン 上部構造の土台として、フィクスチャーに連結されます。
カスタムメイドかつ高適合のため、通常こちらをお勧めしています。
50,000円
マルチユニット フィクスチャーと上部構造の中間体です。
多数歯を連結する場合、角度を変更する場合に最も使用します。
40,000円
上部構造 オールセラミック すべてにジルコニアを使用しています。
強度と審美性に優れているため、多くの場合、ジルコニアアバットメントと併せて、前歯部で使用しています。
160,000円
メタルボンド 表層の素材にセラミックを使用しています。審美性にも優れているので、一般的によく選択されています。 130,000円
ハイブリッドセラミック 表層の素材にハイブリッドセラミックを使用しています。
強度はセラミックに劣りますが、適度な柔軟性を有しているため、衝撃緩衝能力に富んでいます
80,000円

<治療例1>
下顎5・6・7番欠損をフィクスチャー2本埋入で補綴した場合
CT検査 25,000円 1 25,000円
手術 300,000円 2 600,000円
アバットメント 〔チタン〕 60,000円 2 120,000円
上部構造 〔メタルボンド〕 130,000円 3 390,000円
1,135,000円

<治療例2>
上顎1番欠損をフィクスチャー1本埋入で補綴した場合
CT検査 25,000円 1 25,000円
手術 300,000円 1 300,000円
アバットメント 〔ジルコニア〕 80,000円 1 80,000円
上部構造 〔オールセラミック〕 160,000円 1 160,000円
555,000円

入れ歯について

入れ歯について入れ歯を作成・調整するには、さまざまなことを考慮する必要があります。
少し専門的な話になりますが、かみ合わせの高さ、歯の並んでいる位置、顎堤の形態を考慮し、周辺の筋肉や咀しゃく運動と調和のとれたかみ合わせを構築しなければなりません。
これにはかなりの経験を要します。

私たちは、大学で義歯(入れ歯)を専門にし、長く入れ歯と関わってきました。
さまざまなケースに遭遇してきた経験と、それに裏打ちされた技術を、入れ歯で悩む皆様にご提供いたします。

調整内容によっては、これまでの歯並びをがらりと変えてしまうこともありえます。
また、口腔内は大変に微妙なバランスで成り立っていますので、調整には概して時間がかかるものです。
この点をご了承いただきたいと思います。

ちなみに、ブリッジやインプラントにおいても、このかみ合わせの調整の技術は大切なものとなります。
実は、長く使用できるものであるかどうかも、咬合(こうごう)関係が大きくかかわっています。

矯正

価格はすべて税抜表示となっております。 ただし、患者さまへのご負担を考え、6月末まではこれまでどおり表示価格を税込価格といたします。 詳しくはご来院の際、スタッフへお問い合わせください。


ワイヤー矯正
検査 30,000円
基本料(片顎) メタルブラケット 一般的なブラケットです 150,000円~
サファイアブラケット もっとも透明感が高く、目立ちにくいブラケットです 170,000円~
調整料(月1回) 2,000円
保定装置(片顎) 20,000円
矯正用インプラント(1本) 50,000円

床矯正
検査 30,000円
一装置(片顎) 70,000円
パナシールド 10,000円
調整料(月1回) 2,000円
改造料 15,000円
修理料 3,000円~

部分矯正
検査 無料
基本料 本数、装置の種類により異なります 50,000円~
調整料(月1回) 2,000円
矯正用インプラント 50,000円

保証について

■保証対象物
・当クリニックで装着した保険外(自費)診療による補綴物で、すでに料金が完納されている物 (但し、歯肉の退縮による義歯の不適合は対象外とします)

■保証期間
・下記のとおり、経過年数に応じた保証割合にて修理・再装着・再製作させていただきます)

インプラント
クラウン
5年まで 5-6年 6-7年 7-8年 8-9年 9-10年 10年以降
当クリニック保証 100% 50% 40% 30% 20% 10% 0%

インレー・アンレー
ラミネートべニア
2年まで 2-4年 4-5年 5年以降
当クリニック保証 100% 50% 25% 0%

■保証条件
・正常な使用状況下で障害・破損が発生した場合
・診療終了後に定められたメインテナンス(定期清掃)を当クリニックで受けていること
・装着後の正しい使用方法、生活習慣、適切なお手入れがなされていること
・口腔内の状況により必要がある場合は、ナイトガード(夜間就寝時の歯の保護道具)をしていただくことがあります

次のような場合、保証期間中であっても修理・再装着・再製作は、一部または全額有料となりますのでご注意ください。
・患者さまご自身の不注意や不慮の事故・外傷など明らかに当クリニックの責任ではない場合
・故意による障害・破損が生じた場合
・診療終了時には全く予期し得ない口腔状態の変化があった場合
・当クリニックの指示に従っていただけない状態での使用
・当クリニックでの定期的なメインテナンスを受けていただけなかった場合
・ヘビースモーカーの場合


2009年11月14日 « トップへ » 2009年11月21日


コールバック予約