トップへ » カミノについて

きっかけはスペインでした

スペイン1
2007年、ここ三鷹にカミノデンタルクリニックを開院しました。
開院のきっかけとなったのは、ある本との出会いです。

本の名前は「星の巡礼」。作者は「アルケミスト」「ベロニカは死ぬことにした」で日本でもおなじみのパウロ・コエーリョ。
スペイン北部を東西に横切っている中世から続く巡礼の道、「星の道」と呼ばれる道を歩くなかで、自分の心の奥深くにある夢=作家になることに気づき、夢に向かっておそれず進み続けるエネルギーを得るというお話です。
ちょっと難解という声もありますが、普遍的なテーマが織り交ぜられた、深みのある作品だとおもいます。

「星の巡礼」を読んだ私は、作品の舞台であるスペイン「カミノ・デ・サンティアゴ」をいつか歩いてみたいと考えていました。

大学院修了後、大学で医員として勤めていた2001年のゴールデンウィーク。
私は念願のスペインへ旅立つことになります。

中世から守り続けられている"おもてなし"

スペイン2スペインでは、13日間、約800kmの巡礼の道を自転車で走りました。
そこで感じたのは、現地の人々が中世からずっと守り続けている巡礼者へのホスピタリティです。

沿道の宿屋やお店の人々からのあふれる笑顔。
立ち寄ったアルベルゲ(巡礼者向けの簡易宿泊所)で振舞ってもらった、手作りのあたたかいスープ。
道を尋ねれば、気さくに教えてくれる町の人々。
自転車を離れるときでも、施錠なんて必要なかったのは印象的でした。

スペイン3遠く離れた日本から来た、片言のスペイン語しか話せない私を、彼らはにこやかに迎え入れてくれました。
私にとって本当にうれしかった経験でした。

しかし、ふと気付きました。彼らは、カミノ・デ・サンティアゴの巡礼者であれば、国籍や宗教心に関係なくもてなしていたのです。うれしさは感動に変わりました。

巡礼道の最終目的地はサンティアゴ・デ・コンポステーラの大聖堂です。私も大聖堂を目標に、巡礼道を西へ西へとすすんでいました。そのなかで、サンティアゴ・デ・コンポステーラに到着することが目的に変わって、ただ自転車に乗っていることがありました。

自分は何のために、カミノ・デ・サンティアゴの上に立っているのだろう?

パウロ・コエーリョは「巡礼とは生まれ変わること。今までの自分を捨てることなのだ」といいます。

私は、高い技術はもちろん、患者さまを喜ばせたいという気持ち、そしてスタッフにも居心地のいい環境をつくること、それが心のこもったあたたかい診療をご提供することとなると考えるようになりました。

サンティアゴ巡礼の本当の旅は、巡礼が終わったときから始まるといわれています。サンティアゴ・デ・コンポステーラの大聖堂の先には、新たな世界へすすむ道が用意されているのではないでしょうか。

それから6年後、カミノデンタルクリニックを開院することになります。

シンボルマークにはある意味を込めています

シンボルマーククリニックには、いたるところに私の思いを込めました。

クリニック名である「カミノ」は、もちろん「カミノ・デ・サンティアゴ」から。ちなみに、「カミノ」はスペイン語で「道」という意味です。

当クリニックのシンボルである、このホタテのマーク。

これはカミノ・デ・サンティアゴのシンボルマークであり、巡礼者が道を見失わないための道標としても使用されています。山道や分岐点などの木の幹や石、家の壁など、巡礼道のいたるところにホタテのマークや黄色い矢印(→)が描かれています。私も何度もこのマークに助けられました。
これからも、このホタテのマークに導かれるのでしょう。

スペイン、カミノ・デ・サンティアゴでの経験と情熱。
そこが私の診療方針の原点であると考えています。

関連ページリンク

カミノについて院長メッセージ院内案内・設備スタッフ紹介
アクセス・診療時間プライバシーポリシー

カウンセリングを行います

どうぞ安心してお話ください。


トップへ » カミノについて


コールバック予約