トップへ » 診療方針 » インプラント » 治療の流れと期間

治療の流れと期間

・診査と治療計画を立てる
失ってしまった歯の数や、インプラントを埋入する部分の骨の硬さ、大きさ、位置などをCTで診査します。また、かみ合わさる歯・歯肉を含め、将来の口の状態を加味して検討することで、治療法・治療計画を具体的に決定いたします。

治療後の歯にかかる力の方向・強さや、患者さまにとって無理のない衛生管理などを総合的に検討し、治療計画を立ててまいります。
下へ
・一次手術
手術によって、あごの骨にインプラントを埋め込みます。
*インプラントと骨を結合(オッセオインテグレーション)させるために、一次手術後3~6か月の治癒期間を設けます。治癒期間は症状によって変化いたします。
下へ
・二次手術
歯肉を切開してインプラントと骨の結合を確かめ、人工歯を取り付けるための準備をいたします。この状態で、歯肉が治癒するまで1~6週間お待ちいただきます。
下へ
・人口歯作製・装着
歯肉が治癒した時点で歯型を採り、人工歯を作製いたします。
形や色などは、患者さまのご希望にできるだけ沿うよう作製いたします。
下へ
・メインテナンスと定期的な受診
インプラント治療後は、適切なブラッシング法などを指導させていただきます。
そして、半年に1回程度、定期的に受診していただき、インプラントや人工歯の状態、かみ合わせを確認いたします。


トップへ » 診療方針 » インプラント » 治療の流れと期間


コールバック予約