トップへ » 診療方針 » 矯正歯科 » 美しい口元になることだけが「矯正治療」ではありません

美しい口元になることだけが「矯正治療」ではありません

美しい口元になることだけが「矯正治療」ではありません

「矯正は見た目を整えるもの」
多くの患者さまはそういった考えから、矯正治療を検討されています。
もちろん、矯正には「美しい口元を作る」といった目的があるのは事実。
しかし、当クリニックでは見た目だけではなく、顔の形や機能の回復を考え、「かみ合わせ」にチカラを入れた矯正治療を行っています。

よいかみ合わせとは、上下の歯が単にかみ合うだけではなく、あごの関節と調和して機能することで、全身とのバランスもとれている状態のこと。
かみ合わせに問題があると、歯に悪い影響がでるだけでなく、顔に歪み、変型をきたすこともあります。

また、成長期のお子さまには、適正な顎顔面の成長発育を促すことに主眼を置き、矯正治療を進めてまいります。

<矯正治療でよくある質問>
・Q.「小児矯正はいつから治療を始めたらいいの?」
・Q.「矯正治療の流れは?」
・Q.「大人でも矯正できるの?」

<当クリニックだからできる矯正歯科~3つの強み>
●強み1. 取り外しのできる矯正装置~床矯正(しょうきょうせい)
「矯正中の見た目が気になる」「ブラッシングがやりにくく、虫歯になってしまう」という方も安心です。
>>床矯正について

●強み2. 矯正中でも虫歯のケアを行える
私たちは一般歯科として、虫歯治療もおこなっています。そのため、矯正中のお口の中のケアや虫歯の治療も同時に行うことが可能です。
>>一般歯科だからできること

●強み3. 大人の場合、抜歯なしで治療できる場合もある
歯はできるだけ抜かずに治療したいもの。「健康なまだ使える歯を抜くことに抵抗がある」という方や、「抜歯は痛いので避けたい」と希望される方は、少なくありません。
>>大人の矯正について

>>矯正相談を承っております

Q. 小児矯正はいつから治療を始めたらいいの?
矯正歯科治療先進国アメリカの矯正歯科学会は、矯正歯科治療の初診年齢として7歳をお勧めしています。

個人差はありますが、上アゴの成長は10歳頃、下アゴの成長は12~14歳頃にピークを迎えます。つまり、この頃までであれば、アゴ骨の成長コントロールや拡大を行うには有利な場合が多いのです。

例えば、アゴの発育期に合わせてアゴを大きくできれば、抜歯せずに歯並びをきれいにすることができます。
しかし、この時期を逃して狭いアゴができあがってしまった場合、永久歯を抜く可能性が高くなってしまいます。

お子さまのお口の健康を考えますと、できるだけ早く相談してみることは、とても良いことと言えますね。

Q. 小児矯正の流れは?
治療時期は、第1期治療=乳歯と永久歯が混在する6~12歳頃までの治療と、第2期治療=すべてが永久歯に生え替わった後の治療とに分けられます。

第1期治療では、永久歯を正常に萌出させるための骨格を整えることに主眼を置いた治療をいたします。
第2期治療は、大人が行う矯正治療とほぼ同じように、"ブラケット"とよばれる矯正装置を装着し、実際に歯を動かしていきます。

第1期治療をしておくと、第2期治療が簡単に済みますし、経過によっては必要ない場合もあります。

このように、お子さまのアゴの発育によって治療方法が異なります。
早い段階で治療を始めることで、安全で確実な矯正治療ができると言えるでしょう。


トップへ » 診療方針 » 矯正歯科 » 美しい口元になることだけが「矯正治療」ではありません


コールバック予約