トップへ » 診療方針 » 審美歯科 » 質へのこだわり~ハイレベルなつめもの・かぶせもの

質へのこだわり~ハイレベルなつめもの・かぶせもの

院内技工室天然の歯と変わらない美しい歯(つめもの・かぶせもの)を提供するために、私たちは「仮歯作り」からこだわります。仮歯とは、最終的な歯が出来あがるまで入れておく「テスト用の歯」のこと。

患者さまの多くが、「仮歯は、歯がない箇所を隠す"目隠し"のようなもの」と考えてらっしゃいます。しかし、審美歯科が成功するかどうかは、仮歯にかかっているといっても過言ではりません

何度もテストを繰り返して作った仮歯のデータをもとに、最終的な歯を製作することで、天然の歯により近い歯を製作することができるからです。

当クリニックでは院長自ら、ミクロン単位で仮歯を調整していきます。色・カタチなど何度も調整を重ねることで、仮歯の精度(見た目の美しさ、機能性)を高めていきます。

より美しく、よく噛めるために。つめもの・かぶせものを検討されている方は、ぜひ一度ご相談ください。

院内技工室02ちなみに院長は大学では補綴(*)を専攻。歯学博士号も修得しています。いわば、かぶせもの・つめもののエキスパートというわけです。

*ほてつ。かぶせもの・つめものを含む人工物で補う治療の総称。


トップへ » 診療方針 » 審美歯科 » 質へのこだわり~ハイレベルなつめもの・かぶせもの


コールバック予約