トップへ » 診療方針 » 予防歯科 » ブラッシング指導

ブラッシング指導

ブラッシング指導「歯磨きしているのに虫歯になってしまう」のはなぜでしょう?
それはご自身にあった方法でブラッシングが行われていないからです。

染色液で汚れが落ちているかチェックすると、意外に磨き残しが多く見られる場合があります。
磨きグセがあったり、奥歯のほうにしっかりブラシが届いていなかったり、これでは虫歯が進行してしまいます。

毎日のブラッシングは、虫歯や歯周病を防ぐためにとても重要な意味を持っています。
ただし、適切な方法でブラッシングできなければ、磨き残しが原因となって虫歯や歯周病になってしまうことも考えられるのです。

また、磨きすぎたために、歯の表面を削ってしまい、それが虫歯を誘発することもあります。

大人になってから歯の磨き方についてのチェックを受けるのは、恥ずかしかったり面倒だったりしますが、大切な歯の健康を守るためにも、私たちは、患者さまの行いやすい方法を、患者さまとともに作り上げていきたいと思っています。


トップへ » 診療方針 » 予防歯科 » ブラッシング指導


コールバック予約