トップへ » 診療方針 » 予防歯科 » フッ素塗布

フッ素塗布

歯や骨にとってよい影響を与えることで知られる「フッ素」を、歯に塗布する治療法です。

フッ素は歯に対する作用と、細菌に対する作用があります。

歯に対しては、
・石灰化を促す
・酸に強いフルオロアパタイトを生成する
・エナメル質の結晶性を向上させる

などの作用があり、結果としてエナメル質の強化と耐酸性向上の効果があります。

また、細菌に対しては
・細菌の活動を抑制させる
・細菌の酵素作用を抑制させる

などの作用があるため、細菌の酸の発生を抑制する効果があります。

保険診療では3~4か月に一度のフッ素塗布が推奨されています。
フッ素は副作用も少なく、虫歯の抑制効果が高い薬剤です。
しかし、適切な食生活やブラッシングなどが実施されていなければ、フッ素塗布の効果はあまりありません。


トップへ » 診療方針 » 予防歯科 » フッ素塗布


コールバック予約