トップへ » 診療方針 » インプラント

"天然の歯"に一番近いかみ心地~インプラント

天然の歯に一番近いかみ心地~インプラント

インプラント治療は、歯を失った部分に対する治療法のひとつで、天然歯とほとんど変わらないかみ心地や、美しい外観を取り戻すことができる治療法です。

歯のない部分の骨に、チタン製の人工歯根(フィクスチャー)を埋め込み、その上に人工歯を作ります。もう一度ご自分の歯を作るようなものですから、健康な歯とほとんど変わらないさまざまな快適さを取り戻すことができます。


従来であれば、虫歯や歯周病、負傷などによって失われた歯は、「入れ歯」「ブリッジ」などの治療がありました。

しかし、違和感や他の健康な歯への悪影響(部分入れ歯やブリッジは、他の歯を削らなければいけません)、見た目の美しさに欠けるなどといった問題も同時に発生していました。
これらの問題を解決できる治療法が「インプラント治療」なのです。

ブリッジのように健康な歯を削る必要もなく、天然歯と同じかみ心地を得られるという大きなメリットがあります。
また、従来であれば総入れ歯にしなければならなかった状態でも、条件次第ではインプラントを複数本埋め込むことで、固定式の歯を作ることが可能です。

インプラント01<インプラント治療のメリット>
・天然歯同様のかみ心地がある
・部分入れ歯やブリッジのように、他の健康な歯を削る必要がない
・普段と同じように歯を磨いておけば、口臭に悩まされることがない
・歯を気にせず大きな口をあけて大声で笑うことができる。

他にも、「かむ力が強く、自分の歯と同じ感覚がある」「あごの骨が痩せにくい」など、多くのメリットを備えた理想的な治療法です。

一般的な入れ歯では、年老いた印象を与えかねません。
しかしインプラント治療を行うことで、口の機能とかむ力が改善され、健康的な生活が送れるようになります。

結果として表情に自信が表れるという、よい循環を生み出すことができるのです。

>>インプラントとブリッジ・部分入れ歯の比較

<インプラント治療の流れ>
最初に、失ってしまった歯の数や、インプラントを埋入する部分の骨の硬さ、大きさ、位置などを診査します......
>>治療の流れと期間

<入れ歯について>
入れ歯を作成・調整するには、さまざまなことを考慮する必要があります......
>>入れ歯についての詳細

インプラントとブリッジ・部分入れ歯の比較

●インプラントとブリッジ・部分入れ歯の比較
項目/治療法 インプラント ブリッジ 部分入れ歯
比較008 比較009 比較010
治療方法 歯の根の代わりになるチタンのフィクスチャーを骨に埋め込み、その上に歯をかぶせていく方法。 失った歯の両側の歯を削り、冠を橋渡しすることによって失った歯を補う方法。 失った歯の周囲の歯に金属の留め金をつけて、取り外しの人工の歯を留める方法。
対応本数 1本から、全ての歯を失った場合 数本失った場合 数本失った場合
周囲の歯や
あごへの影響
・歯を失った部分のみの治療で、周囲の歯に負担をかけない。 ・歯を失った部分の骨が機能回復するため、やせない。 ・周囲の健康な歯を削る必要がある。
・大きな負担が健康な歯にかかる。
・歯を失った部分の骨がやせる。
・周囲の歯に留め金をかけるため、大きな負担が健康な歯にかかる。
・歯を失った部分の骨がやせる。
審美 ・ご自分の歯に近い見た目。 ・保険適用外の材料を選択すれば、ご自分の歯に近い見た目。 ・留め金が見える部分もある。
清掃 ・ご自分の歯と同様に歯ブラシ、スーパーフロス、歯間ブラシ等で清掃。 ・ご自分の歯と同様に清掃し、歯の無い所はスーパーフロス、歯間ブラシ等で清掃。 ・はずして義歯の洗浄をする。支える歯も清掃。
治療期間 あごの状態によって異なるが、6か月から2年くらい。その後も噛み合わせのチェックなどは必要。 周囲の歯の状態によるが2週間~2か月前後で装着。その後も調整必要。 周囲の歯の状態によるが2週間~2か月前後で装着。その後も調整必要。
欠点 ・簡単な手術が必要である。
・保険適応外の治療となる。
・清掃性が悪くなり、支えている歯が歯周病や虫歯になる可能性がある。
・支えの歯に負担がかかり、将来的に折れる場合もある。
・歯を失った部分の骨がやせてくる。
・清掃性が悪くなり、支えている歯が歯周病や虫歯になる可能性がある。
・硬いものが食べられない。
・浮き上がる、外れる心配がある。
・外出先などでも取り外しをしなければならない。
・異物感を感じやすい。
・歯を失った部分の骨がやせてくる。
 

治療の流れと期間

・診査と治療計画を立てる
失ってしまった歯の数や、インプラントを埋入する部分の骨の硬さ、大きさ、位置などをCTで診査します。また、かみ合わさる歯・歯肉を含め、将来の口の状態を加味して検討することで、治療法・治療計画を具体的に決定いたします。

治療後の歯にかかる力の方向・強さや、患者さまにとって無理のない衛生管理などを総合的に検討し、治療計画を立ててまいります。
下へ
・一次手術
手術によって、あごの骨にインプラントを埋め込みます。
*インプラントと骨を結合(オッセオインテグレーション)させるために、一次手術後3~6か月の治癒期間を設けます。治癒期間は症状によって変化いたします。
下へ
・二次手術
歯肉を切開してインプラントと骨の結合を確かめ、人工歯を取り付けるための準備をいたします。この状態で、歯肉が治癒するまで1~6週間お待ちいただきます。
下へ
・人口歯作製・装着
歯肉が治癒した時点で歯型を採り、人工歯を作製いたします。
形や色などは、患者さまのご希望にできるだけ沿うよう作製いたします。
下へ
・メインテナンスと定期的な受診
インプラント治療後は、適切なブラッシング法などを指導させていただきます。
そして、半年に1回程度、定期的に受診していただき、インプラントや人工歯の状態、かみ合わせを確認いたします。

入れ歯について

入れ歯について入れ歯を作成・調整するには、さまざまなことを考慮する必要があります。
少し専門的な話になりますが、かみ合わせの高さ、歯の並んでいる位置、顎堤の形態を考慮し、周辺の筋肉や咀しゃく運動と調和のとれたかみ合わせを構築しなければなりません。
これにはかなりの経験を要します。

私たちは、大学で義歯(入れ歯)を専門にし、長く入れ歯と関わってきました。
さまざまなケースに遭遇してきた経験と、それに裏打ちされた技術を、入れ歯で悩む皆様にご提供いたします。

調整内容によっては、これまでの歯並びをがらりと変えてしまうこともありえます。
また、口腔内は大変に微妙なバランスで成り立っていますので、調整には概して時間がかかるものです。
この点をご了承いただきたいと思います。

ちなみに、ブリッジやインプラントにおいても、このかみ合わせの調整の技術は大切なものとなります。
実は、長く使用できるものであるかどうかも、咬合(こうごう)関係が大きくかかわっています。

医療費控除のご案内

医療費控除とは、自分や家族のために医療費を支払った場合、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。インプラント治療や矯正治療にかかった費用は医療費控除の対象になります。

詳しくはこちらをご覧ください:
医療費控除

関連ページリンク

治療方針治療方法一般歯科予防歯科
審美歯科ホワイトニング矯正歯科インプラント
患者さまの声よくあるご質問料金表医療費控除

カウンセリングを行います

どうぞ安心してお話ください。


トップへ » 診療方針 » インプラント


コールバック予約