トップへ » 診療方針 » 審美歯科

審美歯科とは?

審美歯科とは?

口元にコンプレックスを抱えている方、「人前で話しづらい」「思いきり笑えない」と悩んでいる方は少なくないのではないでしょうか。

審美歯科治療は、虫歯や歯周病の治療など、通常の歯科で行っている治療に、「美」という観点をプラスした歯科治療です。
歯を白くキレイにしたり、歯並びをキレイにしたりすることで、健康的で美しい口元に改善することができます。

しかし、審美歯科は見せかけの美しさだけを求めたものであってはいけません。
口元の健康美には2つの側面があります。

●美的...こぼれるような白い歯、美しい歯並び、顔や表情と調和した口元

●機能的...よい噛み合わせ、正確な発音、清潔な歯と歯茎

審美歯科治療により、見せかけではない真の健康美・美しい笑顔を手に入れていただくことが、ご自分に自信を持つことにつながり、ひいては人生をより豊かにし、可能性を広げてくれることにもなるのです。
私たちは、喜んでそのお手伝いをさせていただきます。

<当クリニックの審美歯科の強み>
●仮歯からこだわって作っています
天然の歯と変わらない美しい歯(つめもの・かぶせもの)を提供するために、私たちは「仮歯作り」からこだわります。
>>質へのこだわり~ハイレベルなつめもの・かぶせもの

<治療方法の種類について>
●オールセラミック
長年の使用にも変色せず、健康的な白い歯の輝きで、天然歯のような美しさを保ちます。
>>オールセラミックの詳細

●メタルボンド
セラミックと金属で作られたかぶせものです。
高い強度が特徴です。
>>メタルボンドの詳細

●セラミックインレー/ハイブリッドインレー
銀のつめものが気になる方にオススメです。
>>セラミックインレー/ハイブリッドインレーの詳細

●ファイバーコア
神経を抜いてしまった歯にかぶせる土台です。
天然の歯に近いしなかさがあります。
>>ファイバーコアの詳細

●部分矯正
虫歯や歯周病の再発を防ぐために。
>>部分矯正の詳細

質へのこだわり~ハイレベルなつめもの・かぶせもの

院内技工室天然の歯と変わらない美しい歯(つめもの・かぶせもの)を提供するために、私たちは「仮歯作り」からこだわります。仮歯とは、最終的な歯が出来あがるまで入れておく「テスト用の歯」のこと。

患者さまの多くが、「仮歯は、歯がない箇所を隠す"目隠し"のようなもの」と考えてらっしゃいます。しかし、審美歯科が成功するかどうかは、仮歯にかかっているといっても過言ではりません

何度もテストを繰り返して作った仮歯のデータをもとに、最終的な歯を製作することで、天然の歯により近い歯を製作することができるからです。

当クリニックでは院長自ら、ミクロン単位で仮歯を調整していきます。色・カタチなど何度も調整を重ねることで、仮歯の精度(見た目の美しさ、機能性)を高めていきます。

より美しく、よく噛めるために。つめもの・かぶせものを検討されている方は、ぜひ一度ご相談ください。

院内技工室02ちなみに院長は大学では補綴(*)を専攻。歯学博士号も修得しています。いわば、かぶせもの・つめもののエキスパートというわけです。

*ほてつ。かぶせもの・つめものを含む人工物で補う治療の総称。

治透明感のある美しい歯~オールセラミック

「オールセラミック」とは、歯を全体的に薄く削ってセラミック製のクラウン(被せ物)を被せる治療法です。

オールセラミック

<オールセラミックの特徴>
・短い治療期間で、白く美しい歯を手に入れられる
・歯並びやかみ合わせの改善にも利用できる
・金属を使用しないため、歯茎の変色や金属の露出などがない
・金属アレルギーの方にもオススメ

オールセラミックは、長年の使用にも変色せず、健康的な白い歯の輝きで、天然歯のような美しさを保ちます。

*歯の土台が必要な場合は、ファイバーコアをお勧めしております。

見た目も美しく、強度も高い~メタルボンド

「メタルボンド」とは、金属フレームにセラミックを焼き付けて作成したものです。

メタルボンド

<メタルボンドの特徴>
金属を使用しているため、
・強度がある
・適合性が高い
・審美性が高い
・プラークの付着が少ない

<メタルボンドのデメリット>
・歯茎や歯が黒ずんで見えることがある
・オールセラミックに比べて、透明感のある歯にはならない

AGC●AGC
「AGC」とは、ゴールドを使用したメタルボンドです。

クラウン(被せ物)の内側を、体に優しい99.9%の純金で作成してあります。ゴールドのため、被せられる歯にも優しく、フィット感に優れています。

また、適合性に優れており、土台との境目から虫歯になるリスクを軽減します。
内側が金色なので歯茎との境目が明るく見え、メタルボンドのように歯茎が黒ずんで見える心配もありません。

銀のつめものでお悩みの方へ~セラミックインレー/ハイブリッドインレー

「セラミックインレー」とは、セラミック製のインレー(つめもの)を使用した治療法。
「ハイブリッドインレー」とは、セラミックとレジンという樹脂とを混ぜ合わせた素材を使用した治療法です。

従来の「銀歯」では、目立ってしまうことに加え、金属アレルギーの問題も指摘されていましたが、セラミックインレー、ハイブリッドインレーはこのような欠点をカバーしてくれる詰め物です。

セラミックインレー/ハイブリッドインレー

<セラミックインレー/ハイブリッドインレーのメリット>
・自然な白さがあり、質感・強度ともに問題ない
・金属アレルギーの方も安心して利用できる

*ハイブリッドインレーは、長年使用していると若干の着色が認められますが、セラミックに比べると割れにくいというメリットがあります。
このため、臼歯部のインレーの場合、ハイブリッドをお勧めするケースが多くなります。

ファイバーコア

「ファイバーコア」とは、神経をとった後に歯をかぶせるときに使う土台の材質の一種です。
神経を取った歯はもろくなってしまうため、補強のための土台が必要なのです。

この素材は細いグラスファイバーの繊維を樹脂で固めたピンのようなものです。
このピンの周りを歯の色に似たグラスファイバー強化型樹脂でコアの形に整えます。

<ファイバーコアのメリット>
・天然歯に似た適度な、しなやかさがある
・衝撃を吸収することで根を壊しにくく歯にやさしい
・光の透過が天然歯に近く、とても自然で美しい仕上がり
・コアからクラウンまでまったく金属を使用しなければ、金属アレルギーの心配がない

メタルコア(保険)とファイバーコアを透過光で比較すると、違いがはっきりします。

ファイバーコア

・メタルコアを使用した場合、その部分が黒く沈んで見えます。
・ファイバーコアを用いた場合、影となる部分がなく、中から輝く、自然感のある色調が再現できています。

気になる場所だけ歯を整える~部分矯正

「年のせいか、歯ぐきが下がって歯が前に出てきた」
「歯を抜いたところのまわりの歯が倒れこんできている」

という方はいらっしゃいませんか?

そんな症状がある場合、"部分矯正"をオススメします。
部分矯正とは、患者さまが気になっている部分だけを矯正する治療方法です。

また、かぶせものなどを入れた時、歯と歯のあいだに隙間がなくなり、ブラッシングがしにくくなることもあります。そんなとき、部分矯正で歯を動かし隙間をつくることで、虫歯・歯周病を予防できます。

*ケースによっては、部分矯正では本格的な歯列矯正をしなければならないこともあります。
どうするのが患者さまの健康によいのか、そして患者さまの求めるものにあっているのか、一緒に考えていきたいと思っております。

医療費控除のご案内

医療費控除とは、自分や家族のために医療費を支払った場合、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。インプラント治療や矯正治療にかかった費用は医療費控除の対象になります。

詳しくはこちらをご覧ください:
医療費控除

関連ページリンク

治療方針治療方法一般歯科予防歯科
審美歯科ホワイトニング矯正歯科インプラント
患者さまの声よくあるご質問料金表医療費控除

カウンセリングを行います

どうぞ安心してお話ください。


トップへ » 診療方針 » 審美歯科


コールバック予約