トップへ » 診療方針 » 一般歯科

一般歯科について

一般歯科について

少しでもお口の中に違和感があれば、放置せず早めに歯科医院にかかることをオススメします。

初期段階で虫歯が発見できるので、治療も短期間で患者さまの負担も軽くすむのです。また定期的に通うことで、お口の中の健康を維持することができます。

<診療のときに知っておいていただきたいこと>
1. 保険診療には限界があります
たとえば、保険治療では、見た目を重視した治療ができません。
>>保険診療と自費診療について

2. 「保険診療」と「自費診療」は何が違うの? ?
値段はもちろん、さまざまな違いがあります。
>>知っていますか?「保険診療」「自費診療」の違い

3. 当クリニックの診療へ考え方
患者さまのご要望にあわせて、治療方法をご提案しています。
>>保険でも自費でも。患者さまが納得できる診療を

 

保険診療と自費診療について

保険診療と自費診療について実は、現在の日本の健康保険制度では、使用できる歯科材料や診療法が規制されています。
保険制度に基づいた診療だけでは充分ではない場合が多々あるのが現状なのです。
たとえば、
・信頼性が高いもの
・耐久性に優れるもの
・審美性に優れるもの
・金属アレルギーを引き起こしにくいもの

につきましては、保険診療では使用できません。

「保険診療」とは、どこの歯医者さんでも受けられる一定品質の診療です。
診療手順や使用できる材料などにルールがあり、場合によっては診療に時間がかかってしまうこともあります。

とはいえ、診療費の支払いが3割で済み、残りは国が支払ってくれます。
これに対して、「自費診療」では、最新の材料や診療技術を制限なしで使用できるというメリットがあります。

知っていますか? 「保険診療」と「自費診療」の違い

「保険診療」と「自費診療」の違い保険診療と自費診療を比べると、歯の削り方、型の取り方、使用する材料、技工物の仕上がりなど、すべて違います。
もちろん費用も違います。

また、自費の材料は精密な加工を施すことができます。
保険で使用する材料は、緻密な加工ができにくいため、どうしても精度が劣ってしまうのです。

とはいえ、国産の小型車がいい、という方もいれば、車は絶対ベンツ、という方もいるでしょう。
値段も性能も違いますが、どちらを選ぶかはその方の価値観によって変わってきます。

当クリニックでは、保険診療・自費診療問わず「院長自身が受けたい治療方法」をご提案いたします。
同時に、その他の治療方法のメリットやデメリット、費用その他につきまして、丁寧に説明させていただきます。

そのうえで、最適な治療方法について、患者さまと相談しながら決めていきたいと考えています。

保険でも自費でも。患者さまが納得できる診療を

患者さまが納得できる診療を私たちは保険でも自費でも同じように、持てる技術を最大限ご提供いたします。
つめもの・かぶせものを作ってくれる技工所にも、保険・自費関係なくできる限りのことをしていただくよう、お願いしてきました。

患者さまがご自身の価値観と照らし合わせ、ご納得のいく診療を選択できるよう、私たちは喜んでお手伝いさせていただきます。

関連ページリンク

治療方針治療方法一般歯科予防歯科
審美歯科ホワイトニング矯正歯科インプラント
患者さまの声よくあるご質問料金表医療費控除

カウンセリングを行います

どうぞ安心してお話ください。


トップへ » 診療方針 » 一般歯科


コールバック予約